01 ホーム
02 活動内容
03 サロンの歩み
04 初めての方へ
05 活動場所
06 お問い合わせ
07 お知らせ
08 授業記録
09 薬膳教室
10 イベント報告
11 コラム


 username 
 password 

  新規登録 | パスワード紛失?

Lala's 薬膳料理教室 : 講師 Lala のご紹介
投稿者: 阿宇 投稿日時: 2014-11-7 10:16:56 (1588 ヒット)

“薬膳”を聞くと、みなさんは、どんなものを想像しますか。

枸杞の実が入った杏仁豆腐?高麗人参を煮込んだ苦いスープ?高級な中国料理レストランで、めったに口にできない漢方薬を加えた料理?そう思われている方が多いかもしれません。

しかし、薬膳と言っても、実は何も高級な生薬を使う必要はありません。中国では、「薬食同源」という言葉があります。薬も食べ物も、同じ源である。皆さんが普段、スーパーで買われている肉、魚、野菜、フルーツにも、生薬と同じように薬効があります。重要なのは、その食材の性質を十分に認識し、体質、季節を考慮して、うまく使いこなすことです。

本当の「薬膳」とは、中国医学の理論を土台として、中国4000年の歴史の中から培われた「食」に関する経験と知識を活かし、「体の不調を正し、健康を維持するために、食べる人の体質、気候風土に合った食事」です。

古代の中国では、「食医」という食事で体の治療を行う医師が存在していました。ストレスフルの日本社会において、体の不調を感じる方も多いことでしょう。薬膳を通じて、私たち一人ひとりが「食医」になったつもりで、自分、家族、友人の体調を管理して、健やかに美しく生きることが、すごく大切です。

そのために、この薬膳料理教室をChina Salonで開くことを決意しました。

中国で中国医学の医師を勤めている父、薬膳料理を毎日の食卓に出してくれていた看護師の母に育てられた私は、幼少時代から「薬膳」に慣れ親しんできました。中国を離れ、大人になるにつれ、毎日の食事を通じて、健康づくりすることの大切さを痛感し、「国際中医薬膳師」の資格を取得しました。

「毎日食べたい美味しい薬膳」をモットーに、みなさんの健康づくりに少しでもお手助け出来れば幸いです。また、薬膳を通じて、中国の食文化などもご紹介したいと思います。


国際中医薬膳師 Lala
https://www.facebook.com/yakuzensalonlalastyle

印刷用ページ このニュースを友達に送る