01 ホーム
02 活動内容
03 サロンの歩み
04 初めての方へ
05 活動場所
06 お問い合わせ
07 お知らせ
08 授業記録
09 薬膳教室
10 イベント報告
11 コラム


 username 
 password 

  新規登録 | パスワード紛失?

授業記録 : 2007/7/28 授業記録「上海的旅行」
投稿者: 小和 投稿日時: 2007-7-29 13:37:50 (1926 ヒット)

 久しぶりに授業記録をアップします。しばらく、更新さぼっててごめんなさい。
 今回は、上海旅行の直後ということで、作文テーマは「上海的旅行」。サロンの最初の方は、田中さんが持ってきてくれた写真を見ながら、旅行を思い返していました。ちなみに、サロン後は五反田の本格四川料理レストラン「龍門」へ行きました。周さんを含めた四川人が認める店。さすが、美味しかったです。

講師:周さん、阿さん
参加:田中さん、大亨、真弓、小和、小美(アフター参加)、藤藤(アフター参加)



田中さんの作文


  我是田中健彦,是跟你们一块儿参加周庄旅行的日本人。在周庄咱们一块儿吃了饭,逛了街,乘了船。谢谢你们帮助听不懂汉语的我。
  在这个旅游团,我第一次被中国人的热情所感动,留下了难忘的回忆。以后,我想去你的家乡云南。
  我用你给我的地址发了伊妹儿,但是发不过去。这时我的伊妹儿地址。请你先给我发把。

 中国人ツアーに入って周庄へ行った田中さん。中国語は通じなくても(?)、ツアー同行者の親切に心を打たれたそうです。そこで、お礼の手紙を書いて、今回の作文になりました。

小和の作文


  通过这次旅行,我感觉到了上海人的变化,尤其是商店服务员的态度的变化。

  3年前我第一次去上海时,人们对我有点儿冷淡。举个例子来说,在一个排队比较长的冰激凌店,我点冰激凌时,那里的小姐只对我说:“没有”。结果我没买到冰激凌,可是我后边的中国人点跟我一样的冰激凌,却买到了。
  还有别的例子。我想买一张CD。这是Jing-san 拜托我帮她买的。歌手的名字大概是“二手玫瑰”,后来我才知道这张CD在上海比较少见。我去了几个CD店,问服务员:“请问,有没有这个CD”(把纸片给他看了)。服务员考虑了一会儿就说:“没有”。在日本的话,服务员会亲自寻找了之后,才会说“没有”。所以我觉得中国的服务业的水平还不够。

  这次的旅行中,我感觉服务员的笑脸越来越自然。以前,咖啡馆的小姐只说“欢迎光临”,脸上却没有微笑。这次,我看到茶馆的小姐微笑着说“欢迎光临”。而且,对我们很亲切。这时,我们正在找一家意大利餐厅。因为,我们住的酒店的服务员告诉我们的地方错了。我就去问茶馆的小姐,知不知道这家意大利餐厅。她知道在茶馆的旁边有一家意大利餐厅,但是不知道详细的地址。于是,她替汉语水平不够的我们,给这家意大利餐厅打了个电话,然后告诉我们该怎么走。我们很感谢她的帮助。

  随着经济的发展,中国人不像以前的中国人了。虽然经济发展有时会带来坏影响,从这一点看,是带来了好影响。

 中国の店員さんの愛想が良くなったなあ、というのが率直な感想でした。旅行中だと、こういう何気ない親切が、本当にうれしく感じますし、その国に対する印象までも変えてしまいますよね。また次回中国に行くのが楽しみです。
 ちなみに、CD屋で「没有」と言われたのは、店員さんの質の違いという要素もあるとのこと。日本はアルバイトが多いですが、中国は正社員の店員さんが多く、自分の店にどんな商品が置いてあるかはほとんど全て覚えているし、最初に覚えさせられるとのことです。なるほど。

印刷用ページ このニュースを友達に送る