Chinasalon
[終] 2017-05-20 (土)   Lala's 薬膳料理教室(第16回)「手作りで味わう薬膳ちまき」
担当者 小美  登録日時 2017-04-27 20:13 (242 ヒット)

Lala's 薬膳料理教室(第16回)「手作りで味わう薬膳ちまき」

ちまきと言えば、日本では端午の節句の供物というイメージですが、中国でも、旧暦の端午の節句(5月5日)に食べる習慣があります。

しかし、その起源は遥か2200年前の中国の春秋戦国時代。国の将来を悲観した偉大な政治家・詩人の屈原が汨羅川へ入水自殺をした日、彼を尊敬した民衆が、その体が魚に食べられないようにと、船を出して太鼓を鳴らしながら、粽子(ちまき)を川に撒きました。それ以来、端午の節句には、ドラゴンボートを競い合い、ちまきを食べる習慣が、中国をはじめ、中華圏で2000年以上、延々と続いています。

今回は、そんな伝統的な「ちまき」に、薬膳の観点を加えていきたいと思います。例えば、シンプルななつめと緑豆(りょくとう、ムンク豆)を具に入れる。緑豆は、体の余分な湿(むくみ)を取り除き、なつめは胃腸を丈夫にしてくれます。いずれも、この時期にぜひ取ってほしい薬膳食材です。また、中国南方でよく食べられる塩気のする「肉粽」などをいくつか、手作りしてみたいです。皆さんが持つ「ちまき」のイメージを覆すかもしれませんね。

ちまきも、また旬の味。笹の香りに鼻を膨らませながら、美味しく頬張りたいものですね。
ご参加お待ちしております。

国際薬膳師 Lala

★【テーマ】 Lala's 薬膳料理教室(第16回)「手作りで味わう薬膳ちまき」
■【日時】: 5月20日(土) 13時30分〜16時30分 ※受付開始:13:00
■【会場】:目黒区緑が丘文化会館 本館3F 調理実習室
〈住所〉目黒区緑が丘二丁目14番23号 
・東急東横線・大井町線「自由が丘」駅 南口から徒歩約6分(ヤマダ電機LABIの斜め向かい)
〈地図〉 
http://www.city.meguro.tokyo.jp/shisetsu/shisetsu/kyoiku_shisetsu/midorigaoka/access.html

■【レッスン内容】:薬膳知識の座学、中国カルチャーの話と調理方法のアドバイスを中心にご説明した後、みんなで調理実習・試食いたします。

■【持ち物】: エプロン、手拭きタオル、茶碗ふきん、筆記用具
(試食の一部を持ち帰りにする場合は、タッパーなどの保存容器もご持参ください)

■【参加費用】: 4,000円/人 (教材・レシピ・食材費用などすべて込み)

■【キャンセルポリシー】:お申込後、キャンセルされる場合は必ずご連絡をお願いします。開催日2日前(5/18)以降のキャンセルにつきましては、食材準備の関係上、参加費用をお支払いいただくことになりますので、ご注意ください。

★【当日スケジュール】
13:00〜受付開始、調理準備(調味料調合など)
13:30〜薬膳座学(薬膳知識、調理方法のアドバイスなど)
14:00〜参加者全員で調理
15:30〜試食(薬膳スープ、2-3種類の薬膳ちまき、デザート、薬膳茶の予定)
16:15〜お片付け


※ご注意※
本教室への申し込みについて、大変恐縮ですが、男性の方は以下➀〜のいずれの場合のみとさせていただいております。
➀女性参加者の同伴者
▲船礇ぅ淵汽蹈鵐瓮鵐弌orチャイナサロンメンバーのご紹介
K槎膳教室へ参加したことのある方orその方のご紹介

開始時間 13時30分
定員数 20人 (予約数 10人)
予約締切時間 2017年05月19日 13時30分